企業によって微妙に違う

活動時間を見よう

24時間年中無休で活動しているバイク便が多い部分がメリットですね。
急に届けてほしい荷物があっても、焦らないで対応できます。
しかし、全ての企業が24時間年休無休になっているわけではありません。
日中しか活動していない企業があるので、きちんと確認しましょう。
もし日中だけ活動しているバイク便だった場合は、夜に運んでほしいものが見つかっても翌日まで待たなくてはいけません。
それでは締め切りを超えてしまう危険性があります。

また深夜に配達して貰う時は、日中と料金が異なる場合が多いです。
深夜は料金がもっと高くなるので、依頼するのかよく考えてください。
1日ぐらい待っても問題ない場合は、安くなる日中に依頼した方がお得です。

宅急便ではできないこと

宅急便が、こちらが指定した荷物を相手に届けてもらう使い方をします。
バイク便も似たような使いかたができますが、忘れものを届けてくれる企業もあると覚えておきましょう。
会社に忘れものをしてしまった場合、取りに行くのが面倒だと感じることがあるでしょう。
もう自宅に帰ってきた後で忘れものに気づくことがあります。
その時はバイク便に連絡することで会社に荷物を取ってきてもらい、自宅に届けてもらえば問題を解決できます。

金曜日に忘れものをした場合は、取りに行けるのが来週の月曜日になってしまいます。
休みの時に使うものを忘れた場合は、何とかして入手しなければいけません。
自分で取りに行くのが面倒なら、バイク便を頼りましょう。


この記事をシェアする